ものづくり

「ものづくり」は大和言葉であるが生産や製造を意味する言葉として盛んに使われるようになったのは最近のことである。

1980年代以降、単純な製造作業の拠点は中国などに移り、おりしもITブームや財テクが流行り、日本の製造業には3Kに代表される工場で油にまみれる作業のネガティブな印象が強かった。
しかし、1990年代後半から自動車産業を筆頭に、日本の製造業が復活を遂げた。そこで日本の製造業が集約型単純労働ではなく、より高度で精神性の高い技術活動であるとの認識が生まれ、製造業をポジティブなイメージで捉える言葉として「ものつくり」という表現が使われるようになった。現在の日本の製造業の繁栄は、日本の伝統文化に源を発するという考え方である。日本の製造業と、その精神性や歴史を表す言葉である。1990年代後半から企業やマスメディアの間でさかんに使われるようになった。
  現在の日本の製造業の繁栄は日本の伝統文化、固有文化に源を発するという史観である。ものつくりとも言う。モノづくりと表記する場合もある。大和言葉であるが、生産や製造を意味する言葉として盛んに使われるようになったのは最近のことである。
ものづくりとは普通は製造業やそこで使われる技術、人々のことを指す。単純作業での製造ではなく特に職人などの手による高度な製造の場合にこういった表現を用いられることが多い。似たような言葉に生産技術や製造技術という言葉もあるが、これらは明治期に西洋のIndustrial Engineeringを訳した言葉であり、西洋文明から入ってきたというイメージを強く感じさせる言葉である。優れたものは海外から、という雰囲気がある。一方「ものづくり」は大和言葉である。あえて古い言葉を当てることで、日本における製造業の歴史性を強調する意図があり、この場合の「もの」とは鉄を意味するという説もある。 日本の製造業は海外から入ってきた技術だけで成り立っているのではなく、日本の伝統技術の延長上に現代の製造業がある、という認識で使われるのが「ものづくり」という言葉である。  (フリー百科事典より)

日本のものづくりの行方
 日本のものづくりへの危機感は、日本の経済的地位が落ち始めた1990年代後半から始まり、中国、韓国、台湾や新興国の活躍が目覚しいここ数年で最高潮になっている。すり合わせという従来の勝ちパターンが通用し難くなり、元気な海外勢と比較して企業体力が弱まっている中で、新たな成功パターンをつくることを模索し苦労しているのが今の日本の製造業の姿である。ものづくりに関しては、これからの日本の製造業が避けて通れない課題が3つある。それは、①海外シフト、②短期間開発・コストダウン・品質確保の同時実現、③生産に関する人材不足への対応である。
 これらの課題の解決への取り組みは、「生産の自動化」「フロントローディング」「SCM」の3つのキーワードで整理できた。また、新興国市場の獲得のためには、汎用品や構造が単純な製品ほど、生産だけでなく設計や開発の一部も消費地のある海外にシフトする動きが進みつつある。生産が海外にシフトしていく動きは避けられない。それでも日本でものづくりを続ける意義は何か。これまでの日本のものづくりの繁栄は日本のユーザー(セットメーカー、消費者)に鍛えられてきた結果だ。
 今の日本は非常に厳しいマーケット環境だが、あえて身を置いて高いハードルを越える切磋琢磨をすることが技術革新を産むのではないか。高い事業コストに対して高生産性の達成、ユーザーの高い要求水準と変化するニーズに対して敏感・迅速に応える高感度の開発力、これらの技術革新が海外勢に対して競争優位を築く日本のものづくりの行方の活路があると考えている。

問い合わせ

問い合わせ

お知らせ・キャンペーン・情報

取扱い商品

切削工具 おまかせください!!

切削工具 おまかせください!!

切削工具を中心に、消耗品まで迅速に対応します。

2018年8月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

 

  • 25032総閲覧数:
ページ上部へ戻る Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
[ + ]